メディプラスゲルは「オールインワン化粧品」

スペシャルな化粧品がお肌に潤いを与えてくれる

メディプラスゲルは潤いが大事だと考えます

こだわりは「肌に潤い」ってことのようです。メディプラスゲルは、お肌に潤いをテーマにしているようです。
お肌のスキンケアの一番重要なことは、どれだけ潤い感を与えることができるかが美肌になるカギだとされているのです。肌に保湿が足りないと乾燥し、肌が乾くとかいてしまうという悪循環になるのです。
そのため保湿成分が少なくなってしまうと、細胞の結合が緩んでしまうことになり、弾力が失われてしまうことになるのです。そのため保湿成分を積極的に与えることが、美しい肌を作り上げるために大切になります。メディプラスゲルはそのため、潤いに必要な成分をたくさん含んでいます。高濃度セラミドやコラーゲンなどが含まれており、これらが有効になります。

冷暗所で保管

メディプラスゲルの開封前、後の使用期限

肌に負担がかかるものを極力排除しているメディプラスゲルを使ってみたいけれど、すぐに劣化してしまうのではないかと心配している人も少なくないはずです。
防腐剤フリーですから、使いきる前に劣化するのではないかと不安になるのも仕方がありません。使用期限は、開封前であれば常温で製造日から2年です。また、開封後の場合は3か月以内に使いきるようにしてください。保管場所も高温多湿を避けて、冷暗所で保管しましょう。この状態で上記の使用期限になるからです。保管環境が悪いともっと早く劣化してしまう可能性もあります。肌のためにも良い状態のままで使いきるようにしてください。この点を守ることで、肌がみるみるうちによみがえるかもしれません。

メディプラスゲルの適切な保管方法

メディプラスゲルは、お風呂場などの高温多湿の場所や、直射日光の当たる場所などは避けるようにしましょう。ベストな保管方法としては、できるだけ冷暗所での保管が適切です。
メディプラスゲルは、保管する時の気温や湿度によっては、すこし色が変わる場合もあります。以前買ったものと少し色が違うと感じる場合もあるかもしれません。しかし、そういった場合も内容成分や容量等は一切変わっていません。
あまり悪条件で保管すると、成分が傷んでしまいます。メディプラスゲルには、香料や着色料はもちろん、パラベンやフェノキシエタノールといった防腐剤も配合されていませんから、すこし傷みやすいかもしれません。ですので、保管方法は適切な方法を守ると良いでしょう。