ビールの飲み過ぎには注意しましょう

あのノド越しの美味さがわかると大人になった気がします

「ビール」の旨いを語りましょう

「ビール」をおいしく飲むために、軽くアドバイス的なことを載せていきたいと思います。おいしいビールといえば「仕事後の一杯」これに尽きると思いますけど、他にもいろいろな裏技みたいなものがたくさんあるのです。もちろん、仕事後のビールに敵うモノはないと思いますが、人それぞれ感じ方や、好みがあるので「あぁーそこきたか」や「こんなこともあるのか」「わかる、わかる」みたいなことをご紹介できればいいなと企んでおります。世の中にはたくさんの種類のお酒がありますが、やっぱりビールが一番旨いと思うんですよね。是非ビール党の方に読んでほしいなと思います。

ビールはうまい

おしゃれなビール

少し変わったビールの飲み方をご紹介しますね。
普通に飲むビールも最高においしいものですが、なにかとアレンジして飲むのもいいらしいのです。仕事終わりのいっぱいにお試しください。
– ビール+白ワイン –
「ビアスプリッツァー」
飲みやすさが好評で、さっぱりしたノド越しになって飲みやすいそうです。
– ビール+梅酒 –
「梅酒ビール」
梅酒の甘さが程よくビールの苦味を押さえてくれてスッキリとおいしく飲めるようになるそうです。
ビール、梅酒が苦手って方のそれぞれの苦さや甘さがカバーができるってことですね。
– ビール+トマトジュース –
「レッドアイ」
ビールにトマトってイメージが難しいと思いますが、これが意外とマイルドになり美味い。
トマト好きなら、絶対好きになると思いますよ。一度お試しください。

ビールは鮮度が一番でしょう

ビールをおいしく飲むためにはやはり「鮮度」が一番だと思うのです。
ビールという飲み物はとっーてもデリケートなお酒で繊細なのです。専門店で飲むビールと、家庭で飲むビールとでは味に違いがあるのを感じたことがあると思います。専門店のビールは鮮度がいいのです。いろんなことが絡み合ってのことですが、お店のビールは回転率が高いのでいつも新鮮なビールが用意されているのです。家で飲む缶ビールはいつ造られたかがわからないもので、気にせずに購入しているため鮮度が落ちている場合があるのです。缶ビールには裏側に製造年月日が記してあるので、最悪でも1ヶ月以内の鮮度が高いビールを選ぶようにしましょう。